SEOとは?基礎知識から上位表示のための対策方法まで解説

定番の3合瓶

泡盛の定番規格と言えば、この3合瓶。

ちなみに1合は180mlなので、3合というと540mlになりますが、泡盛の3合瓶は600mlということで60ml分サービスされているのは有名な話なので覚えといてくださいね。

各社、自社の代表銘柄は大体3合瓶でリリースしているので、お得にちょっと試してみたいという方は3合瓶から購入してみてはどうでしょう?肩の部分にも「琉球泡盛」とデザインされているので、飲み終わった後も沖縄のお土産的に飾れますし。

出品状況
価格
¥
¥
商品タイプ
ブランド
アルコール度数
容量
並び替え

春雨ST 25度の商品設計コンセプトは「春雨の基本(スタンダード)」。

この春雨STを飲むにあたって、水割りであっても、炭酸割りであっても『氷を入れては飲まない』を基本コンセプトに設定しています。つまり、グラスを氷で一旦冷やしたあとに、その氷を捨て、空になったグラスに春雨を注ぎます。

さらに炭酸割の場合は弱炭酸を推奨しており、注ぎ方もグラスの淵に沿って注ぐ、”ビールのような”注ぎ方をし、注いだあとはステアをしないことを基本とします。

この春雨STの味わいは、『泡盛造りの始まり』とも言える”麹造り”を徹底的に管理した、繊細な手法をされているからこそ実現されています。

まだ『春雨』に触れたことがない方も、様々な『春雨』を飲んできた方も、ぜひ新しい春雨STをお楽しみください。

春雨ST 25度の商品設計コンセプトは「春雨の基本(スタンダード)」。

この春雨STを飲むにあたって、水割りであっても、炭酸割りであっても『氷を入れては飲まない』を基本コンセプトに設定しています。つまり、グラスを氷で一旦冷やしたあとに、その氷を捨て、空になったグラスに春雨を注ぎます。

さらに炭酸割の場合は弱炭酸を推奨しており、注ぎ方もグラスの淵に沿って注ぐ、”ビールのような”注ぎ方をし、注いだあとはステアをしないことを基本とします。

この春雨STの味わいは、『泡盛造りの始まり』とも言える”麹造り”を徹底的に管理した、繊細な手法をされているからこそ実現されています。

まだ『春雨』に触れたことがない方も、様々な『春雨』を飲んできた方も、ぜひ新しい春雨STをお楽しみください。

白百合 30度は手作業にこだわっており、添加物を用いずに造られた1本。石垣島に咲く百合の花が持つ爽やかさを感じて欲しいという想いから名前が付けられています。口にいれた時の濃厚な風味と豊かな香りがたまりません。ラベルに描かれている百合の花が上品さを感じさせます。
白百合 30度は手作業にこだわっており、添加物を用いずに造られた1本。石垣島に咲く百合の花が持つ爽やかさを感じて欲しいという想いから名前が付けられています。口にいれた時の濃厚な風味と豊かな香りがたまりません。ラベルに描かれている百合の花が上品さを感じさせます。
春雨ゴールド 30度は古酒のような味わいを気軽に楽しんで欲しいという願いを込めて造られた泡盛。バニラの甘いような香りが広がります。口当たりも良く、多くの方から好評です。生産数よりも1本1本の質にこだわっています。
春雨ゴールド 30度は古酒のような味わいを気軽に楽しんで欲しいという願いを込めて造られた泡盛。バニラの甘いような香りが広がります。口当たりも良く、多くの方から好評です。生産数よりも1本1本の質にこだわっています。
やいま 30度は八重山産のひとめぼれから造られている泡盛です。ほのかな甘味が舌に広がっていきます。飲み口も柔らかく、飲みやすい1本に仕上がっています。ラベルに描かれているイラストも誰かに一目惚れしている様子をイメージさせます。
やいま 30度は八重山産のひとめぼれから造られている泡盛です。ほのかな甘味が舌に広がっていきます。飲み口も柔らかく、飲みやすい1本に仕上がっています。ラベルに描かれているイラストも誰かに一目惚れしている様子をイメージさせます。
宮の華 30度は多くの女性が働いている酒造所で育まれたこだわりの1本です。繊細な味わいとほのかに感じる甘い香りが口の中を優しく包み込んでくれます。ストレートはもちろん、ロックやカクテルベースなど、さまざまな飲み方が楽しめます。ラベルに描かれているシーサーが特徴的。
宮の華 30度は多くの女性が働いている酒造所で育まれたこだわりの1本です。繊細な味わいとほのかに感じる甘い香りが口の中を優しく包み込んでくれます。ストレートはもちろん、ロックやカクテルベースなど、さまざまな飲み方が楽しめます。ラベルに描かれているシーサーが特徴的。
玉友龍 44度は粗濾過に加え、割水を加えないことで泡盛の味をよりダイレクトに感じられるよう造っています。アルコール度数も44度と高く、飲み応え抜群です。豊かな香りがお酒の席や食卓を楽しませてくれます。ラベルに描かれている龍がトレードマークの泡盛です。
玉友龍 44度は粗濾過に加え、割水を加えないことで泡盛の味をよりダイレクトに感じられるよう造っています。アルコール度数も44度と高く、飲み応え抜群です。豊かな香りがお酒の席や食卓を楽しませてくれます。ラベルに描かれている龍がトレードマークの泡盛です。
久米島 30度は、樹齢250年の5枝の松と久米島紬のラベルが目を引く1本。ナッツのような香ばしい香りが飲み口を進めてくれます。マイルドな味わいが舌全体に広がるのもポイントです。1年熟成させることにより、味と香りに深みを増しています。
久米島 30度は、樹齢250年の5枝の松と久米島紬のラベルが目を引く1本。ナッツのような香ばしい香りが飲み口を進めてくれます。マイルドな味わいが舌全体に広がるのもポイントです。1年熟成させることにより、味と香りに深みを増しています。
八重泉 30度はその飲みやすさから、多くの泡盛好きの心を掴んでいます。直火式地釜を蒸留に用いており、芳醇な香りを演出。黒麹特有の香ばしさが楽しめるのも魅力のひとつです。また、ほのかに感じる甘味が舌を楽しませてくれます。TWSC2022 焼酎部門 金賞をはじめ、さまざまな賞を獲得しています。
八重泉 30度はその飲みやすさから、多くの泡盛好きの心を掴んでいます。直火式地釜を蒸留に用いており、芳醇な香りを演出。黒麹特有の香ばしさが楽しめるのも魅力のひとつです。また、ほのかに感じる甘味が舌を楽しませてくれます。TWSC2022 焼酎部門 金賞をはじめ、さまざまな賞を獲得しています。
宮之鶴 30度は昔ながらの製法を用いて1本1本造られている泡盛。代表が1人で造っているため、生産数が少ないです。上品さも感じさせる素朴な風味が特徴的。珍しい泡盛が飲みたいと感じている方は宮之鶴 30度を一度チェックすることをおすすめします。
宮之鶴 30度は昔ながらの製法を用いて1本1本造られている泡盛。代表が1人で造っているため、生産数が少ないです。上品さも感じさせる素朴な風味が特徴的。珍しい泡盛が飲みたいと感じている方は宮之鶴 30度を一度チェックすることをおすすめします。
沖之光 30度は飲み心地を良くするために最低1年熟成させるのが特徴に挙げられます。スッキリとした味わいなので、飲みやすいです。名前の由来は沖縄の光になろうという想いから。地元の人達から愛され続けている銘酒です。
沖之光 30度は飲み心地を良くするために最低1年熟成させるのが特徴に挙げられます。スッキリとした味わいなので、飲みやすいです。名前の由来は沖縄の光になろうという想いから。地元の人達から愛され続けている銘酒です。
瑞泉原酒 53度は蒸留した後、水を加えていません。豊かな味わいに加え、瑞々しい香りが特徴的です。アルコール度数が53度と高く、次仕ぎにもってこい。瑞泉原酒 53度でオリジナル古酒を作ってみましょう。また、冷凍庫で思いきり冷やし、少しずつ味わうのも楽しみ方のひとつです。冷やすことにより、舌触りの変化が楽しめます。
瑞泉原酒 53度は蒸留した後、水を加えていません。豊かな味わいに加え、瑞々しい香りが特徴的です。アルコール度数が53度と高く、次仕ぎにもってこい。瑞泉原酒 53度でオリジナル古酒を作ってみましょう。また、冷凍庫で思いきり冷やし、少しずつ味わうのも楽しみ方のひとつです。冷やすことにより、舌触りの変化が楽しめます。
津波古酒 30度は飲み口が甘く、多くの方におすすめできる泡盛です。ストレートはもちろん、ロックや水割りなど、さまざまな飲み方で味わってください。豊かな香りがお酒の席を楽しませてくれます。レトロな三合瓶に貼られた品のあるラベルが特徴的です。
津波古酒 30度は飲み口が甘く、多くの方におすすめできる泡盛です。ストレートはもちろん、ロックや水割りなど、さまざまな飲み方で味わってください。豊かな香りがお酒の席を楽しませてくれます。レトロな三合瓶に貼られた品のあるラベルが特徴的です。
×
TOP