SEOとは?基礎知識から上位表示のための対策方法まで解説

久米島の酒造所

久米島は離島地域にしては珍しく水が豊富で、それでいて銘水であるともっぱら評判の島だ。その豊かな水を使い、酒造りをしている酒造所が二か所ある。一方は県内最大の売上高を誇る巨鯨。もう一方は県内最小規模のマイクロディステラリー。通常であれば巨鯨に飲み込まれるのが市場原理であるが二つの蔵は共存している。一方は泡盛の「教科書」と呼ぶべき優等生な造りで多くの飲み手に支持を集め、もう一方は島民に支持される地域密着型の泡盛を造り出す。この住みわけが二つの酒蔵が共存する秘密なのだ。ただし、どちらの蔵元にも共通するのが「後味の良いクリアな酒質」。豊かな銘水に育まれたからこその泡盛だ。

出品状況
価格
¥
¥
商品タイプ
ブランド
アルコール度数
容量
並び替え

米島酒造の繊細な技術とワイン酵母で造られる新たな泡盛の可能性。

「もろみを搾って飲んでも美味しそう」と田場社長に言わしめた、白ワイン酵母Elaganceで造られた、全く新しい『久米島』

複雑な香りながらも仄かに感じられる葡萄の風味が、これからの古酒化を期待させます。

【製品の詳細はこちらから】
https://shimmer.okinawa/pages/shimmerpj-7

【久米島 清酒酵母まほろば吟仕込の詳細はこちらから】
https://shimmer.okinawa/pages/shimmerpj-6

米島酒造の繊細な技術とワイン酵母で造られる新たな泡盛の可能性。

「もろみを搾って飲んでも美味しそう」と田場社長に言わしめた、白ワイン酵母Elaganceで造られた、全く新しい『久米島』

複雑な香りながらも仄かに感じられる葡萄の風味が、これからの古酒化を期待させます。

【製品の詳細はこちらから】
https://shimmer.okinawa/pages/shimmerpj-7

【久米島 清酒酵母まほろば吟仕込の詳細はこちらから】
https://shimmer.okinawa/pages/shimmerpj-6

青森県産業技術センター弘前工業研究所にて頒布される清酒用酵母「まほろば吟酵母」で仕込まれた『久米島』。米島酒造としても初の酵母を変えるという挑戦に挑みました。

吟醸香を狙った焼酎・泡盛の多くが減圧・低度数という中、本製品は常圧40度の清酒酵母泡盛という今までにない焼酎・泡盛製品となります。

【製品の詳細はこちらから】
https://shimmer.okinawa/pages/shimmerpj-6

【久米島 ワイン酵母Elegance仕込の詳細はこちらから】
https://shimmer.okinawa/pages/shimmerpj-7

青森県産業技術センター弘前工業研究所にて頒布される清酒用酵母「まほろば吟酵母」で仕込まれた『久米島』。米島酒造としても初の酵母を変えるという挑戦に挑みました。

吟醸香を狙った焼酎・泡盛の多くが減圧・低度数という中、本製品は常圧40度の清酒酵母泡盛という今までにない焼酎・泡盛製品となります。

【製品の詳細はこちらから】
https://shimmer.okinawa/pages/shimmerpj-6

【久米島 ワイン酵母Elegance仕込の詳細はこちらから】
https://shimmer.okinawa/pages/shimmerpj-7

米島酒造さんの人気商品、『美ら蛍』
生産されたものの多くが久米島内で消費されるので、沖縄本島でも大量に見かけることはない希少な泡盛です。shimmerの中の人としては、最初に泡盛観を変えられたというか、この泡盛関係の仕事をしているのは『美ら蛍』を飲んだから、とも言える衝撃の泡盛。
所謂、典型的な泡盛観の逆サイドを行く、「ちょっとコレ飲んでみなはれ」と言いたくなる泡盛なんです。酒質としてもスッキリなんですが、常圧蒸留で造られているのでしっかり感もあり、華やかな香りでゴクゴク飲めちゃいます。ライトでスッキリ系の泡盛のNo1だと思っていますが、まぁオイリー路線も行ってみたくなるもので、、所謂どっしり系の泡盛に中継ぎしてしまいますが、酒飲み的には飲みの最後はやっぱり『美ら蛍』になるんですよねぇ。そんな懐の深さも魅力の一つなんです。
米島酒造さんの人気商品、『美ら蛍』
生産されたものの多くが久米島内で消費されるので、沖縄本島でも大量に見かけることはない希少な泡盛です。shimmerの中の人としては、最初に泡盛観を変えられたというか、この泡盛関係の仕事をしているのは『美ら蛍』を飲んだから、とも言える衝撃の泡盛。
所謂、典型的な泡盛観の逆サイドを行く、「ちょっとコレ飲んでみなはれ」と言いたくなる泡盛なんです。酒質としてもスッキリなんですが、常圧蒸留で造られているのでしっかり感もあり、華やかな香りでゴクゴク飲めちゃいます。ライトでスッキリ系の泡盛のNo1だと思っていますが、まぁオイリー路線も行ってみたくなるもので、、所謂どっしり系の泡盛に中継ぎしてしまいますが、酒飲み的には飲みの最後はやっぱり『美ら蛍』になるんですよねぇ。そんな懐の深さも魅力の一つなんです。

米島酒造さんの人気商品、『美ら蛍』
生産されたものの多くが久米島内で消費されるので、沖縄本島でも大量に見かけることはない希少な泡盛です。shimmerの中の人としては、最初に泡盛観を変えられたというか、この泡盛関係の仕事をしているのは『美ら蛍』を飲んだから、とも言える衝撃の泡盛。
所謂、典型的な泡盛観の逆サイドを行く、「ちょっとコレ飲んでみなはれ」と言いたくなる泡盛なんです。酒質としてもスッキリなんですが、常圧蒸留で造られているのでしっかり感もあり、華やかな香りでゴクゴク飲めちゃいます。ライトでスッキリ系の泡盛のNo1だと思っていますが、まぁオイリー路線も行ってみたくなるもので、、所謂どっしり系の泡盛に中継ぎしてしまいますが、酒飲み的には飲みの最後はやっぱり『美ら蛍』になるんですよねぇ。そんな懐の深さも魅力の一つなんです。

米島酒造さんの人気商品、『美ら蛍』
生産されたものの多くが久米島内で消費されるので、沖縄本島でも大量に見かけることはない希少な泡盛です。shimmerの中の人としては、最初に泡盛観を変えられたというか、この泡盛関係の仕事をしているのは『美ら蛍』を飲んだから、とも言える衝撃の泡盛。
所謂、典型的な泡盛観の逆サイドを行く、「ちょっとコレ飲んでみなはれ」と言いたくなる泡盛なんです。酒質としてもスッキリなんですが、常圧蒸留で造られているのでしっかり感もあり、華やかな香りでゴクゴク飲めちゃいます。ライトでスッキリ系の泡盛のNo1だと思っていますが、まぁオイリー路線も行ってみたくなるもので、、所謂どっしり系の泡盛に中継ぎしてしまいますが、酒飲み的には飲みの最後はやっぱり『美ら蛍』になるんですよねぇ。そんな懐の深さも魅力の一つなんです。

琉球王国の時代庶民に愛された芋酒(イムゲー)。

1世紀ぶりに復活した久米島の久米仙のIMUGE.は焼き芋や蒸した藁のような香ばしい香りと、リンゴのようなみずみずしい甘み、ビターアーモンドのような風味や海苔のような磯の香りといった重厚で複雑な味わいが特徴です。

琉球王国の時代庶民に愛された芋酒(イムゲー)。

1世紀ぶりに復活した久米島の久米仙のIMUGE.は焼き芋や蒸した藁のような香ばしい香りと、リンゴのようなみずみずしい甘み、ビターアーモンドのような風味や海苔のような磯の香りといった重厚で複雑な味わいが特徴です。

伝統の製法で丁寧に造り上げられた長期熟成古酒。12年熟成された古酒の贅沢な味わいをお楽しみいただけます。フルーティで芳醇な香りとともに、とろみがかった舌ざわり濃厚でカラメルのような甘
さを堪能することができます
白を貴重とした高級感溢れるデザインで贈答用としてもオススメです。年内
5000本限定販売。

伝統の製法で丁寧に造り上げられた長期熟成古酒。12年熟成された古酒の贅沢な味わいをお楽しみいただけます。フルーティで芳醇な香りとともに、とろみがかった舌ざわり濃厚でカラメルのような甘
さを堪能することができます
白を貴重とした高級感溢れるデザインで贈答用としてもオススメです。年内
5000本限定販売。

毎年数量限定で製造される『米島』の2022年度版。2022年は1,300本の数量限定となります。

色味で味わいをイメージしており、赤は辛口を表すそうなので、2022年版の米島はやや辛口になると思います。また、辛口で造った『米島』は瓶熟での味わいの変化も面白いと田場社長が言っていたので、是非寝かせてみても面白いでしょう。

毎年数量限定で製造される『米島』の2022年度版。2022年は1,300本の数量限定となります。

色味で味わいをイメージしており、赤は辛口を表すそうなので、2022年版の米島はやや辛口になると思います。また、辛口で造った『米島』は瓶熟での味わいの変化も面白いと田場社長が言っていたので、是非寝かせてみても面白いでしょう。

KUMEJIMA'S KUMESEN 40 40度は高いアルコール度数にこだわっており、パンチの効いた味わいが特徴的。奥行きのある香りが飲みたい気持ちを刺激します。ロックや水割り、カクテルベースなど、さまざまな飲み方が楽しめます。ラベルに描かれたシーサーのイラストもインパクト抜群。存在感を醸し出しています。
KUMEJIMA'S KUMESEN 40 40度は高いアルコール度数にこだわっており、パンチの効いた味わいが特徴的。奥行きのある香りが飲みたい気持ちを刺激します。ロックや水割り、カクテルベースなど、さまざまな飲み方が楽しめます。ラベルに描かれたシーサーのイラストもインパクト抜群。存在感を醸し出しています。

久米島 30度は久米島で愛され続けている泡盛。シロボトルの愛称で知られています。本土への出荷数が少ない貴重な1本です。まろやかな味わいに加え、品のある香りが楽しめます。おしゃれなラベルが目を引きます。ロックや水割りなど、自分好みの飲み方で楽しんでください。

久米島 30度は久米島で愛され続けている泡盛。シロボトルの愛称で知られています。本土への出荷数が少ない貴重な1本です。まろやかな味わいに加え、品のある香りが楽しめます。おしゃれなラベルが目を引きます。ロックや水割りなど、自分好みの飲み方で楽しんでください。

久米島の久米仙 8年古酒 43度はアルコール度数が43度と高く、濃厚な味わいが楽しめます。グラスに注いだ時の独特の香りが飲みたい気持ちを後押し。炭酸割りにすると、甘味と香りがさらに引き立ちます。ラベルの青で8年間の眠りから覚めるイメージを表現し、おしゃれな1本に仕上げているのもポイント。
久米島の久米仙 8年古酒 43度はアルコール度数が43度と高く、濃厚な味わいが楽しめます。グラスに注いだ時の独特の香りが飲みたい気持ちを後押し。炭酸割りにすると、甘味と香りがさらに引き立ちます。ラベルの青で8年間の眠りから覚めるイメージを表現し、おしゃれな1本に仕上げているのもポイント。
久米島 30度は、樹齢250年の5枝の松と久米島紬のラベルが目を引く1本。ナッツのような香ばしい香りが飲み口を進めてくれます。マイルドな味わいが舌全体に広がるのもポイントです。1年熟成させることにより、味と香りに深みを増しています。
久米島 30度は、樹齢250年の5枝の松と久米島紬のラベルが目を引く1本。ナッツのような香ばしい香りが飲み口を進めてくれます。マイルドな味わいが舌全体に広がるのもポイントです。1年熟成させることにより、味と香りに深みを増しています。
久米島 30度は、樹齢250年の5枝の松と久米島紬のラベルが目を引く1本。ナッツのような香ばしい香りが飲み口を進めてくれます。マイルドな味わいが舌全体に広がるのもポイントです。1年熟成させることにより、味と香りに深みを増しています。
久米島 30度は、樹齢250年の5枝の松と久米島紬のラベルが目を引く1本。ナッツのような香ばしい香りが飲み口を進めてくれます。マイルドな味わいが舌全体に広がるのもポイントです。1年熟成させることにより、味と香りに深みを増しています。
×
TOP