SEOとは?基礎知識から上位表示のための対策方法まで解説

はじめてのまさひろ酒造

本島南部、糸満市に工場を構えるまさひろ酒造。「うまさひろがる」のキャッチコピーはあまりに有名。泡盛メーカーの売上高でトップ3に入る大手の酒蔵で、安定した酒質と、多彩な商品ラインナップで信頼度抜群。「間違いのない」泡盛メーカーです。工場併設の泡盛ギャラリーは見学もでき、県内の泡盛コレクターの集めた貴重なボトルの展示スペースもあります。

最近では泡盛の他にジンの製造にも着手し、沖縄由来のボタニカルを生かした商品をリリースしています。また樽熟成泡盛、甕熟成泡盛など、愛好家の心をくすぐる限定ボトルも魅力の一つ。ぜひ現地まで足を運んでいただきたい酒造所です。

出品状況
価格
¥
¥
商品タイプ
ブランド
アルコール度数
容量
並び替え

泡盛業界でも初めての清酒酵母仕込みの泡盛と泡盛酵母仕込の古酒ブレンド。泡盛古酒らしい深みとまろやかさに、清酒酵母特有のスッキリとした華やかな香りがバランスよく、飲みごたえもありながら飲みやすい泡盛に仕上がっています。
炭酸割りで島唄ハイボールとして飲むのがおすすめです。

泡盛業界でも初めての清酒酵母仕込みの泡盛と泡盛酵母仕込の古酒ブレンド。泡盛古酒らしい深みとまろやかさに、清酒酵母特有のスッキリとした華やかな香りがバランスよく、飲みごたえもありながら飲みやすい泡盛に仕上がっています。
炭酸割りで島唄ハイボールとして飲むのがおすすめです。

希少な16年古酒をブレンドせずにミズナラの樽で熟成した原酒に清酒酵母を使用して製造した泡盛をブレンドした限定酒。独特のインパクトある泡盛古酒の臭さがまろやかになると同時に、「これが泡盛なのか?」と思うほどの蜂蜜のような香りが生まれ、甘みがありまろやかな味わいの古酒に清酒酵母ならではの華やかな香りが合わさり、今までにない味わいの泡盛をお楽しみいただけます。
希少な16年古酒をブレンドせずにミズナラの樽で熟成した原酒に清酒酵母を使用して製造した泡盛をブレンドした限定酒。独特のインパクトある泡盛古酒の臭さがまろやかになると同時に、「これが泡盛なのか?」と思うほどの蜂蜜のような香りが生まれ、甘みがありまろやかな味わいの古酒に清酒酵母ならではの華やかな香りが合わさり、今までにない味わいの泡盛をお楽しみいただけます。
ラムネのような爽やかな香りが漂う尚MASAHIRO 40度。3回に渡って蒸留を行うことにより、味と香りに奥行きを出しています。口に入れると、お菓子のようなミルキーな風味が広がっていきます。琉球王国の王の名前からその名が付けられた銘酒です。
ラムネのような爽やかな香りが漂う尚MASAHIRO 40度。3回に渡って蒸留を行うことにより、味と香りに奥行きを出しています。口に入れると、お菓子のようなミルキーな風味が広がっていきます。琉球王国の王の名前からその名が付けられた銘酒です。
古酒まさひろ 43度は濃厚な風味をダイレクトに感じることができます。ストレートやロックで頂けば、泡盛本来の旨味が楽しめます。また、長期間熟成させ、自分だけのオリジナル古酒が作れるのも古酒まさひろ 43度の魅力。品のある赤いラベルがトレードマークです。
古酒まさひろ 43度は濃厚な風味をダイレクトに感じることができます。ストレートやロックで頂けば、泡盛本来の旨味が楽しめます。また、長期間熟成させ、自分だけのオリジナル古酒が作れるのも古酒まさひろ 43度の魅力。品のある赤いラベルがトレードマークです。
まさひろ 30度は常圧蒸留を行うことにより、お米の風味を最大限引き出しているのが特徴的。スッキリとした味わいに仕上がっています。品のある香りがお酒の席や食事を楽しませてくれます。沖縄で数十年以上愛され続けている銘酒です。クセがなく、泡盛初心者の方にもおすすめできます。
まさひろ 30度は常圧蒸留を行うことにより、お米の風味を最大限引き出しているのが特徴的。スッキリとした味わいに仕上がっています。品のある香りがお酒の席や食事を楽しませてくれます。沖縄で数十年以上愛され続けている銘酒です。クセがなく、泡盛初心者の方にもおすすめできます。
海人 30度は、沖縄の海を感じさせる青いデザインが思わず目を引きます。海に生きる人間である海人からその名が付けられています。スッキリとした味わいと上品な香りが特徴的。これから泡盛を飲み始める方にもおすすめできる一杯です。沖縄の居酒屋でも多くの方が飲んでいます。
海人 30度は、沖縄の海を感じさせる青いデザインが思わず目を引きます。海に生きる人間である海人からその名が付けられています。スッキリとした味わいと上品な香りが特徴的。これから泡盛を飲み始める方にもおすすめできる一杯です。沖縄の居酒屋でも多くの方が飲んでいます。
海人 30度は、沖縄の海を感じさせる青いデザインが思わず目を引きます。海に生きる人間である海人からその名が付けられています。スッキリとした味わいと上品な香りが特徴的。これから泡盛を飲み始める方にもおすすめできる一杯です。沖縄の居酒屋でも多くの方が飲んでいます。
海人 30度は、沖縄の海を感じさせる青いデザインが思わず目を引きます。海に生きる人間である海人からその名が付けられています。スッキリとした味わいと上品な香りが特徴的。これから泡盛を飲み始める方にもおすすめできる一杯です。沖縄の居酒屋でも多くの方が飲んでいます。

仕次ぎ用「まさひろ」はコレ!

44度という高度数帯の一般酒ということで、自宅で古酒の仕次ぎをしている人にはもってこいですね。

もちろん、普通に飲用することも出来るので、普段の「まさひろ 30度」に飽きてきたという人は、こちらの仕次ぎ用の骨太な味わいにチャレンジしてみるのもオススメです。

仕次ぎ用「まさひろ」はコレ!

44度という高度数帯の一般酒ということで、自宅で古酒の仕次ぎをしている人にはもってこいですね。

もちろん、普通に飲用することも出来るので、普段の「まさひろ 30度」に飽きてきたという人は、こちらの仕次ぎ用の骨太な味わいにチャレンジしてみるのもオススメです。

代表銘柄の「まさひろ」は所謂、一般酒でありスタンダードな一本。

そしてこちらは、所謂その「まさひろ」の上位に位置する5年古酒のまさひろ、「まさひろGOLD」。

一般酒の「まさひろ」は30度ですが、一方こちらは43度という力強さもあり、5年古酒という熟成も進んでますので、特別な贈り物や贅沢したい時などにも良いのでは?

代表銘柄の「まさひろ」は所謂、一般酒でありスタンダードな一本。

そしてこちらは、所謂その「まさひろ」の上位に位置する5年古酒のまさひろ、「まさひろGOLD」。

一般酒の「まさひろ」は30度ですが、一方こちらは43度という力強さもあり、5年古酒という熟成も進んでますので、特別な贈り物や贅沢したい時などにも良いのでは?

シャンパンみたいなデザインの洒落たデザインですよね。

公式の説明を見ると

「‟黄金まさひろ”の黄金シリーズ第2弾。美しいほのかな琥珀色が特徴。アメリカンホワイトオーク樽貯蔵の原酒を使用し独自の‟黄金ブレンド”で香りと風味を引き立てました。リラックス、憩い、くつろぎの上質なひとときをお届けいたします。」

というわけで、突如出てきた「黄金シリーズ」とはなんぞやということなんですが、
この「まさひろLOUNGE」や「黄金まさひろ」をはじめとする、所謂樽貯蔵の泡盛のことを指しているようです。

御存知の通り、泡盛は無色透明なんですけど、樽貯蔵にすることで琥珀色になるので、それを黄金と表現しているわけですね。ちなみに、沖縄の方言では黄金のことを「クガニ」と呼ぶので、読みにはご注意を。

シャンパンみたいなデザインの洒落たデザインですよね。

公式の説明を見ると

「‟黄金まさひろ”の黄金シリーズ第2弾。美しいほのかな琥珀色が特徴。アメリカンホワイトオーク樽貯蔵の原酒を使用し独自の‟黄金ブレンド”で香りと風味を引き立てました。リラックス、憩い、くつろぎの上質なひとときをお届けいたします。」

というわけで、突如出てきた「黄金シリーズ」とはなんぞやということなんですが、
この「まさひろLOUNGE」や「黄金まさひろ」をはじめとする、所謂樽貯蔵の泡盛のことを指しているようです。

御存知の通り、泡盛は無色透明なんですけど、樽貯蔵にすることで琥珀色になるので、それを黄金と表現しているわけですね。ちなみに、沖縄の方言では黄金のことを「クガニ」と呼ぶので、読みにはご注意を。

まさひろ酒造さんの代表銘柄「まさひろ」の4合瓶ですね。
銘柄の紹介は「まさひろ 30度」の1升瓶をチェックしてくださいな。

沖縄の独自規格の3合瓶の中でもラベルの色味がクリーム色なので、他の銘柄と並んだ時に良い感じにビンテージ感が出るんですよね。ビンテージではないですけど。

まさひろ酒造さんの代表銘柄「まさひろ」の4合瓶ですね。
銘柄の紹介は「まさひろ 30度」の1升瓶をチェックしてくださいな。

沖縄の独自規格の3合瓶の中でもラベルの色味がクリーム色なので、他の銘柄と並んだ時に良い感じにビンテージ感が出るんですよね。ビンテージではないですけど。

まさひろ”ブラック”って付いてるので、通常の「まさひろ」となんか違うのですかね?
泡盛あるあるなんですが、メインの銘柄に「ブラック」や「ブラウン」って付くんですよ。

ただ、名称だけちょっと変わってるのかなと思えば、ブレンドされてたりとか、ちょっと違うということもあるので、要確認なんですよね。。。

というわけで、詳細は当社のメーカー窓口のT君に聞いてみましょうか。返答あり次第、更新しますね笑

まさひろ”ブラック”って付いてるので、通常の「まさひろ」となんか違うのですかね?
泡盛あるあるなんですが、メインの銘柄に「ブラック」や「ブラウン」って付くんですよ。

ただ、名称だけちょっと変わってるのかなと思えば、ブレンドされてたりとか、ちょっと違うということもあるので、要確認なんですよね。。。

というわけで、詳細は当社のメーカー窓口のT君に聞いてみましょうか。返答あり次第、更新しますね笑

×
TOP