SEOとは?基礎知識から上位表示のための対策方法まで解説

沖縄本島南部の酒造所

本島南部は大規模メーカーから小規模メーカーまで多数のメーカーが立地する泡盛の一大生産地。有名メーカーから「知る人ぞ知る」マイクロディステラリーまで魅力にあふれた酒蔵が泡盛造りを行っています。

そして琉球王国時代、泡盛製造が許された「首里三箇」赤田・崎山・鳥堀を有するのもこの本島南部。現在では首里三箇で製造しているメーカーは2か所だけになってしまいましたが、格式高い琉球泡盛は今なお息づいています。近年、本島南部のメーカーは泡盛だけにとどまらず、長年培った蒸留技術を元にジンやラム酒の生産など新しい可能性も模索し始めています。

出品状況
価格
¥
¥
商品タイプ
ブランド
アルコール度数
容量
並び替え
ender 25度は天然吟香酵母を用いて優しい味わいに仕上げた泡盛。ラベルに描かれたeの文字とデイゴの花がおしゃれな雰囲気を醸し出しています。上品な香りを醸し出しており、多くの方に根強い支持があります。名前の由来は沖縄の方言で優しい人を意味する「えんだぁ」から。
ender 25度は天然吟香酵母を用いて優しい味わいに仕上げた泡盛。ラベルに描かれたeの文字とデイゴの花がおしゃれな雰囲気を醸し出しています。上品な香りを醸し出しており、多くの方に根強い支持があります。名前の由来は沖縄の方言で優しい人を意味する「えんだぁ」から。

まさひろ酒造さんが比嘉酒造から商号を変更したのは2015年のことでして、その商号変更後初の記念すべき新商品がこの「黄金まさひろ 8年古酒」なんですね。

泡盛の古酒表記のアレで「8年古酒」と銘打ってますが、12年以上の樽熟成古酒をブレンドしており、琥珀色の上質な味わいを実現してます。

まさひろ酒造さんの味に対する拘りから無尽蔵に大量生産するものではなく、年間の生産本数は2万本とキャップが掛けられている商品でもあります。

まさひろ酒造さんが比嘉酒造から商号を変更したのは2015年のことでして、その商号変更後初の記念すべき新商品がこの「黄金まさひろ 8年古酒」なんですね。

泡盛の古酒表記のアレで「8年古酒」と銘打ってますが、12年以上の樽熟成古酒をブレンドしており、琥珀色の上質な味わいを実現してます。

まさひろ酒造さんの味に対する拘りから無尽蔵に大量生産するものではなく、年間の生産本数は2万本とキャップが掛けられている商品でもあります。

南風 3年古酒 35度は程よい甘味があるので、梅酒などの果実酒を作るのに適した古酒。泡盛本来の味わいをしっかり感じることができるので、果実酒を作る際に糖分を控えめにできます。カクテルベースにもおすすめです。泡盛本来の味わいを満喫したい場合、ロックや水割りをおすすめします。
南風 3年古酒 35度は程よい甘味があるので、梅酒などの果実酒を作るのに適した古酒。泡盛本来の味わいをしっかり感じることができるので、果実酒を作る際に糖分を控えめにできます。カクテルベースにもおすすめです。泡盛本来の味わいを満喫したい場合、ロックや水割りをおすすめします。
瑞泉 43度は、ラベルに描かれている龍の絵が特徴的な泡盛。戦後より多くの方から愛されています。口に入れると、濃厚な風味が楽しめます。仕次ぎを行うことで自分だけの一杯に仕上げられるのも楽しみ方のひとつ。古酒造りを行いたい方におすすめできる泡盛です。
瑞泉 43度は、ラベルに描かれている龍の絵が特徴的な泡盛。戦後より多くの方から愛されています。口に入れると、濃厚な風味が楽しめます。仕次ぎを行うことで自分だけの一杯に仕上げられるのも楽しみ方のひとつ。古酒造りを行いたい方におすすめできる泡盛です。
瑞泉古酒(甕貯蔵) 43度は甕の中で長時間熟成された古酒。甕に入れることで酸化を促進し、味に深みを与えています。また、常圧蒸留により、泡盛本来の旨味を引き出している点も特徴に挙げられます。古酒本来の味を満喫したい方はストレートやロックがおすすめ。仕次ぎ用にして自分だけのオリジナル古酒を作るのも楽しみ方のひとつです。
瑞泉古酒(甕貯蔵) 43度は甕の中で長時間熟成された古酒。甕に入れることで酸化を促進し、味に深みを与えています。また、常圧蒸留により、泡盛本来の旨味を引き出している点も特徴に挙げられます。古酒本来の味を満喫したい方はストレートやロックがおすすめ。仕次ぎ用にして自分だけのオリジナル古酒を作るのも楽しみ方のひとつです。
おもろ 10年古酒 43度は10年に渡る年月をかけて甕の中で熟成させ続けた泡盛です。相性が良いとされるタイ米と黒麹を用いるなど、素材にもこだわっています。コクのある味わいが口一杯に広がります。ストレートとロックで古酒本来の味わいを是非満喫しましょう。また、水割りで味の変化を感じるのも楽しみ方のひとつです。
おもろ 10年古酒 43度は10年に渡る年月をかけて甕の中で熟成させ続けた泡盛です。相性が良いとされるタイ米と黒麹を用いるなど、素材にもこだわっています。コクのある味わいが口一杯に広がります。ストレートとロックで古酒本来の味わいを是非満喫しましょう。また、水割りで味の変化を感じるのも楽しみ方のひとつです。
海乃邦 15年古酒 43度は良質の原酒から造られている古酒です。15年に渡る年月をかけることにより、深みのある味わいを実現。豊かな香りがお酒の席を楽しませてくれます。品のある青いボトルが大きな存在感を醸し出しています。
海乃邦 15年古酒 43度は良質の原酒から造られている古酒です。15年に渡る年月をかけることにより、深みのある味わいを実現。豊かな香りがお酒の席を楽しませてくれます。品のある青いボトルが大きな存在感を醸し出しています。
ORI-GiN1848 48度は西表島で収穫されたピーチパインを用いており、フルーティーな味わいが楽しめるジンです。ショウガやレモングラス、ジュニパーベリーなどによる風味が加わることで味に深みを出しています。一口で沖縄の魅力が伝わるクラフトジンをコンセプトにしたこだわりの詰まった1本です。
ORI-GiN1848 48度は西表島で収穫されたピーチパインを用いており、フルーティーな味わいが楽しめるジンです。ショウガやレモングラス、ジュニパーベリーなどによる風味が加わることで味に深みを出しています。一口で沖縄の魅力が伝わるクラフトジンをコンセプトにしたこだわりの詰まった1本です。
おもろ21年古酒 35度は甕の中で21年間熟成させ続けた古酒です。口に入れると、優しい甘さが口の中に広がっていきます。コクがあり、飲みたい気持ちをさらに後押し。品のある香りが楽しめるのもおもろ21年古酒 35度の魅力。重厚感のある黒のボトルが目印です。出荷数も限られており、貴重な1本に仕上がっています。
おもろ21年古酒 35度は甕の中で21年間熟成させ続けた古酒です。口に入れると、優しい甘さが口の中に広がっていきます。コクがあり、飲みたい気持ちをさらに後押し。品のある香りが楽しめるのもおもろ21年古酒 35度の魅力。重厚感のある黒のボトルが目印です。出荷数も限られており、貴重な1本に仕上がっています。

蔵出しまさひろシリーズは保管量が少なく再現が難しい為通常商品化されることの希少酒を含めて職人が厳選しています。のみで商品化しております。まさひろ酒造に思い浮かぶ古酒の中からブレンダーが厳選した2009年製造のプレミアム古酒。1500本限定です。ほのかにカラメルのような程よい甘味やバランスの取れた酸味・苦味も感じられるすっきりとした味わいが特徴で食中酒としてもおすすめです。

蔵出しまさひろシリーズは保管量が少なく再現が難しい為通常商品化されることの希少酒を含めて職人が厳選しています。のみで商品化しております。まさひろ酒造に思い浮かぶ古酒の中からブレンダーが厳選した2009年製造のプレミアム古酒。1500本限定です。ほのかにカラメルのような程よい甘味やバランスの取れた酸味・苦味も感じられるすっきりとした味わいが特徴で食中酒としてもおすすめです。

12酒造所ブレンド酒『いちゃゆん』粗濾過 44度は、やんばるの森が世界自然遺産に登録されたのを記念して造られた泡盛。全12の酒造所の泡盛をブレンドさせているのが特徴に挙げられます。粗濾過を行っており、泡盛の旨味をよりダイレクトに感じられるようにしているのがポイントです。
12酒造所ブレンド酒『いちゃゆん』粗濾過 44度は、やんばるの森が世界自然遺産に登録されたのを記念して造られた泡盛。全12の酒造所の泡盛をブレンドさせているのが特徴に挙げられます。粗濾過を行っており、泡盛の旨味をよりダイレクトに感じられるようにしているのがポイントです。
YUKURU ピーチ 10度は桃の甘酸っぱい香りが特徴的な泡盛です。可愛らしい猫が描かれたラベルが思わず目を引きます。アルコール度数も10度と低めなので、泡盛を飲み慣れていない方にもおすすめ。普段、お世話になっている方に可愛らしい見た目の物を送りたいと感じた際に一度手に取ってみてはいかがでしょうか?
YUKURU ピーチ 10度は桃の甘酸っぱい香りが特徴的な泡盛です。可愛らしい猫が描かれたラベルが思わず目を引きます。アルコール度数も10度と低めなので、泡盛を飲み慣れていない方にもおすすめ。普段、お世話になっている方に可愛らしい見た目の物を送りたいと感じた際に一度手に取ってみてはいかがでしょうか?
×
TOP