SEOとは?基礎知識から上位表示のための対策方法まで解説

はじめての恩納酒造所

沖縄有数の観光名勝である万座毛。壮大な崖と海のコラボレーションは見るものに圧倒的な迫力で迫ります。その万座毛がある恩納村の集落の一角に、小さな巨人、恩納酒造所が有ります。沖縄県民に質問しても、恩納酒造を知っている人は多くは無いのかもしれません。しかしながら少しでも泡盛に興味を持って飲んでいる人に質問したら、100%の確率で「萬座は最高だよね!」と返って来るでしょう。もし世間様に萬座の存在が明るみなれば即座に品薄、入手困難になること必至。いまゆったりと萬座を味わえるのはこのサイトを見ている皆様の特権とも言うべき贅沢です。特に萬座の10年古酒は泡盛の一つの完成形と言って良いでしょう。

出品状況
価格
¥
¥
商品タイプ
ブランド
アルコール度数
容量
並び替え
萬座ブラックマイルド古酒 25度はまろやかな味わいを残しつつ、キレを感じさせるのが特徴的。甘さが控えめなので、甘いお酒が苦手な方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか?ストレートやロック、水割りなど、さまざまな飲み方が楽しめます。落ち着きのある青いラベルが目を引きます。
萬座ブラックマイルド古酒 25度はまろやかな味わいを残しつつ、キレを感じさせるのが特徴的。甘さが控えめなので、甘いお酒が苦手な方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか?ストレートやロック、水割りなど、さまざまな飲み方が楽しめます。落ち着きのある青いラベルが目を引きます。
萬座 30度は恩納酒造所が創業された当時から販売されている人気の泡盛。濃厚な甘さと飲み口がスッキリしているのが特徴に挙げられます。南極でも泡盛が熟成するのかを確かめるため、恩納村出身の越冬隊員である大城氏が萬座 30度を持って行ったことでも知られています。
萬座 30度は恩納酒造所が創業された当時から販売されている人気の泡盛。濃厚な甘さと飲み口がスッキリしているのが特徴に挙げられます。南極でも泡盛が熟成するのかを確かめるため、恩納村出身の越冬隊員である大城氏が萬座 30度を持って行ったことでも知られています。
萬座10年古酒 40度は10年間熟成させることにより、濃厚な味わいに仕上げています。のど越しが柔らかく、独特な甘味が楽しめるのが特徴的です。ストレートやロックで頂けば、泡盛本来の旨味をよりダイレクトに感じることができます。
萬座10年古酒 40度は10年間熟成させることにより、濃厚な味わいに仕上げています。のど越しが柔らかく、独特な甘味が楽しめるのが特徴的です。ストレートやロックで頂けば、泡盛本来の旨味をよりダイレクトに感じることができます。
萬座 30度は恩納酒造所が創業された当時から販売されている人気の泡盛。濃厚な甘さと飲み口がスッキリしているのが特徴に挙げられます。南極でも泡盛が熟成するのかを確かめるため、恩納村出身の越冬隊員である大城氏が萬座 30度を持って行ったことでも知られています。
萬座 30度は恩納酒造所が創業された当時から販売されている人気の泡盛。濃厚な甘さと飲み口がスッキリしているのが特徴に挙げられます。南極でも泡盛が熟成するのかを確かめるため、恩納村出身の越冬隊員である大城氏が萬座 30度を持って行ったことでも知られています。

萬座ブラックマイルド古酒 25度はまろやかな味わいを残しつつ、キレを感じさせるのが特徴的。甘さが控えめなので、甘いお酒が苦手な方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか?ストレートやロック、水割りなど、さまざまな飲み方が楽しめます。落ち着きのある青いラベルが目を引きます。

萬座ブラックマイルド古酒 25度はまろやかな味わいを残しつつ、キレを感じさせるのが特徴的。甘さが控えめなので、甘いお酒が苦手な方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか?ストレートやロック、水割りなど、さまざまな飲み方が楽しめます。落ち着きのある青いラベルが目を引きます。

泡盛の風味の多様性と泡盛メーカーの挑戦を後押しすることを目的に南島酒販と株式会社バイオジェットが連携し、沖縄県産のサトウキビから採取され開発された「南島1号酵母」。
従来の泡盛醸造に使われる泡盛101号酵母と比較してバニラ香やバナナのようなフルーティな香りを生成する能力が高く、従来の酵母とは異なるグループに属する新たな泡盛酵母となります。

商品の第一弾として製造されたshimmer#19 萬座原酒は酵母によるフルーティーさやしっかりとした芳醇さ、うま味のある泡盛となっており、TWSC2024で最高金賞、泡盛部門において「BEST OF THE BEST」を受賞しました。

【2024年6月26日発売】

<本製品の詳細はこちらから>
https://shimmer.okinawa/pages/shimmerpj-19

泡盛の風味の多様性と泡盛メーカーの挑戦を後押しすることを目的に南島酒販と株式会社バイオジェットが連携し、沖縄県産のサトウキビから採取され開発された「南島1号酵母」。
従来の泡盛醸造に使われる泡盛101号酵母と比較してバニラ香やバナナのようなフルーティな香りを生成する能力が高く、従来の酵母とは異なるグループに属する新たな泡盛酵母となります。

商品の第一弾として製造されたshimmer#19 萬座原酒は酵母によるフルーティーさやしっかりとした芳醇さ、うま味のある泡盛となっており、TWSC2024で最高金賞、泡盛部門において「BEST OF THE BEST」を受賞しました。

【2024年6月26日発売】

<本製品の詳細はこちらから>
https://shimmer.okinawa/pages/shimmerpj-19

萬座古酒 40度はのど越しが柔らかく、飲みやすい1本に仕上がっています。濃厚な甘味が舌に広がるのも特徴のひとつ。恩納村の観光スポットとして知られている万座毛と万人に愛されて欲しいという願いからその名が付けられています。ロックや水割りなど、自分好みの飲み方で味わってください。
萬座古酒 40度はのど越しが柔らかく、飲みやすい1本に仕上がっています。濃厚な甘味が舌に広がるのも特徴のひとつ。恩納村の観光スポットとして知られている万座毛と万人に愛されて欲しいという願いからその名が付けられています。ロックや水割りなど、自分好みの飲み方で味わってください。
萬座 43度は多くの泡盛通から根強い人気のある銘酒。濃厚な味わいが口一杯に広がっていきます。飲み応えのある泡盛を味わってみたいと感じている方は萬座 43度を一度手に取ってみてはいかがでしょうか?ロックや水割りなど、自分好みの飲み方で楽しんでください。
萬座 43度は多くの泡盛通から根強い人気のある銘酒。濃厚な味わいが口一杯に広がっていきます。飲み応えのある泡盛を味わってみたいと感じている方は萬座 43度を一度手に取ってみてはいかがでしょうか?ロックや水割りなど、自分好みの飲み方で楽しんでください。
萬座 43度は多くの泡盛通から根強い人気のある銘酒。濃厚な味わいが口一杯に広がっていきます。飲み応えのある泡盛を味わってみたいと感じている方は萬座 43度を一度手に取ってみてはいかがでしょうか?ロックや水割りなど、自分好みの飲み方で楽しんでください。
萬座 43度は多くの泡盛通から根強い人気のある銘酒。濃厚な味わいが口一杯に広がっていきます。飲み応えのある泡盛を味わってみたいと感じている方は萬座 43度を一度手に取ってみてはいかがでしょうか?ロックや水割りなど、自分好みの飲み方で楽しんでください。
萬座 30度は恩納酒造所が創業された当時から販売されている人気の泡盛。濃厚な甘さと飲み口がスッキリしているのが特徴に挙げられます。南極でも泡盛が熟成するのかを確かめるため、恩納村出身の越冬隊員である大城氏が萬座 30度を持って行ったことでも知られています。
萬座 30度は恩納酒造所が創業された当時から販売されている人気の泡盛。濃厚な甘さと飲み口がスッキリしているのが特徴に挙げられます。南極でも泡盛が熟成するのかを確かめるため、恩納村出身の越冬隊員である大城氏が萬座 30度を持って行ったことでも知られています。

こちらは長期間保管していた商品のため、ラベルやパッケージに汚れやシミ・破れが見られます。予めご理解いただける方がご購入ください。

なお、商品の破損を防止するため清掃等は行わずにお届けいたします。(清掃時にラベル等を痛めてしまう恐れがある為)

※詰口日:2006.11.06

こちらは長期間保管していた商品のため、ラベルやパッケージに汚れやシミ・破れが見られます。予めご理解いただける方がご購入ください。

なお、商品の破損を防止するため清掃等は行わずにお届けいたします。(清掃時にラベル等を痛めてしまう恐れがある為)

※詰口日:2006.11.06

萬座原酒 47度は加水していないため、濃厚な味わいをダイレクトに感じることができます。熟成を重ねれば重ねる程、深みが増すので、古酒づくりにうってつけ。自分だけのオリジナル古酒が飲みたいと感じている方は一度手に取ってみることをおすすめします。
萬座原酒 47度は加水していないため、濃厚な味わいをダイレクトに感じることができます。熟成を重ねれば重ねる程、深みが増すので、古酒づくりにうってつけ。自分だけのオリジナル古酒が飲みたいと感じている方は一度手に取ってみることをおすすめします。
×
TOP